News
脚にクリームを塗る女性

水虫の治癒を目指すためには、様々な種類の薬剤が用いられます。
患部が重症化しているのであれば、選ぶのは軟膏です。
軟膏は、使用してもベタつきが強めです。
そのため、他の薬剤に比べた場合、選ばれる機会は少ないものの、刺激が弱いので炎症が重症化していても、塗布時に痛みを感じません。
使用方法は、クリームタイプの製品と同様で、適量を直接指で取り、患部に対し薄く塗り広げるようにしてください。
スプレータイプも、水虫の治癒には有効です。
ただし、軟膏に比べると、注意すべき点が多いです。
それは、吹きかけ過ぎてしまうという点です。
スプレータイプなので、噴射量の微調整が難しく、多過ぎる量を噴射してしまうのです。
そして、製品を購入する場合には、しっかりと白癬菌に対し、効果のある製品を選ぶようにしてください。
中には、除菌の効果が無い製品や、消臭のみを目的とした製品があるためです。
また、パウダータイプも効果的です。
パウダータイプは、治療を目的としておらず、予防や悪化の防止に効果があります。
水虫は、患部が蒸れることで悪化するので、パウダータイプで乾燥状態にしてあげると、悪化しにくくなります。
こうした、水虫に最適な市販品を購入する場合に、最も重要視すべき点が、自分の水虫のタイプを調べることです。
症状に合っていない薬を用いてしまうと、改善されない上に、悪化する可能性が高いです。
自分の症状と薬剤が適していない場合、用いる薬を変更しなければなりません。
しかし、次々と用いる薬を変更すると、皮膚に負担がかかり、炎症が悪化する可能性が高いです。
そのため、できるだけ1種類の薬剤を使用し続ける事を、意識してください。
医師のアドバイスを尊重するのも、大切です。